Loading…

スポンサーサイト

Posted by music7 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三銃士をオタク的に読んでみる。

Posted by music7 on 27.2008 Capital枷   0 comments   0 trackback
いきなりですが、
デュマ作「三銃士」なんぞをを
適当にネタバレ紹介したいと思います。

面白いのに、周りはだれも読んでくれないから…!



別名、オタク視点で読むと楽しい三銃士。
ストーリーには出来るだけ触れないように、キャラクターだけを紹介します。


主人公はダルタニャン。
ネコミミっぽい萌え名前ですが、れっきとしたフランス青年。
すべてにおいて、児童文庫では王道主人公です。

しかし児童向けに修正されてない文庫版では、ちっとも主人公らしくないです。
主に女性関係で。


たとえば、浮気をしているのを仲間から問い詰められた時の台詞。


「私はコンスタンスを心で愛しているが、ミレディーは頭で愛している!」


流石フランス人ですね。
みなさんも浮気がばれた時は使ってみてください。
頭と心は別なんです。
非フランス人にはそれがわからないのです。



言い寄ってきた女の子には

「君が協力してくれたら、私は君を好きになるかもしれない」

と、スパイを強要。
待ってます、といった彼女は置き去りのままです。
職を奪った揚句に、ポイ捨てですよ。
最低ですね!


フラグはギャルゲの主人公並に立ちます。
数少ない女性キャラクターは必ず圏内にいます。
ただし、こいつの好きなタイプは人妻のみ。
先ほど上げた従順ヒロインタイプのフラグは、良心の呵責なしに折ります。
だめだこいつ。




しかも、女性関係を差し引いても、
前半はプライドが高さくてウザく、
後半は優柔不断でウザい。



三銃士を読むにあたっては
その辺りを踏まえたうえで、

「だってフランス人だもの」

を念頭に読まねばなりません。

女性描写やら女性論なんかを読むと、某田嶋先生から発禁本にさせられそうな域です(笑)


…と、
主人公の話だけでこんなに長くなってしまいました。
次の機会があれば、
主人公を支えたりはしない三銃士たちを紹介したいと思います。

姑、ヒモ、聖人気取りの三人組です。
くせものです。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://music7.blog11.fc2.com/tb.php/1612-316c1bad

Welcome to M7

m7_bunner.gif
Music7(ムシックセブン)は
創作好き5人による
ギャルゲっぽさを目指しつつも
中身は少女漫画(?)な創作漫画を発行しているサークルです。

イベント時は
「Music7 ムシナナ」名義で
スペースを取っています。

イベント情報

現在、イベント参加予定はありません。
次は来年の夏コミか冬コミ?

▼一番新しい本
q-hyousi-blog.jpg
Quadrile-カドリーユ-
A5/コピー本/150円
優等生(?)湊と、1年生の花と天然?な佳乃本です。

過去の日誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。